openmatomeview

長岡天満宮の梅林が見ごろ
平安時代、菅原道真の所領であったとされ、道真が在原業平らと共に、 しばしば遊んで詩歌管弦を楽しんだ縁深いところであるといわれている。 道真が大宰府へ左遷された時、ここに立ち寄り「我が魂長くこの地にとどまるべし」と名残を惜しんだ。
Updated Date : 2017-07-11 21:01:47
Author ✎ himebara55
この記事をシェアしてください。 ☺

長岡天満宮梅林
本殿の裏山にある梅林は20種140本の梅の木がある。
八条池の遊歩道にも白梅の古木が並んでいる。
OpenMatome
天満宮本殿
境内には竹林や梅林、あじさい園、桜、ハス、アヤメ・カキツバタ群落もあり四季折々の散策を楽しむことができる。
OpenMatome
八条ヶ池周りにも白梅の樹が開花している。

長岡天満宮
アクセス 阪急長岡天神駅から西へ約0.7km 徒歩約10分 JR長岡京駅から西へ約1.7km 徒歩約20分 阪急バス「開田」下車徒歩約5分
34.92275794441801
135.68577938480303
0
0
0
13
34.92275794441801,135.68577938480303,0,0,0
この記事をシェアしてください。 ☺


関連記事

京都の梅園 見どころベスト5
京都へ桜を見に行こう~2016年度版
紫陽花が見頃です。雨に1番、似合う花です。夏が来る前のこの時期を逃さずに見に行きましょう。
伊吹山の高山植物
長岡天満宮 八条池の霧島つつじ