openmatomeview

京都の誇る4つの五重の塔
京都には「東寺、醍醐寺、仁和寺、八坂の塔」に4つの五重の塔がある。 日本の木造では最高の塔は、東寺。高さ54.8メートル。 現存する最古の五重塔では、醍醐寺。天暦5年(904年)。 創建が古いのは、八坂の塔。平安京以前の崇峻天皇2年(589年)聖徳太子が建立。
Updated Date : 2016-06-28 13:21:58
Author ✎ htakagi
この記事をシェアしてください。 ☺

東寺
東寺   高さ54.8メートル 現存する日本の古塔中最高の塔      天長3年(826年)空海により、創建着手。      現在の塔は5代目で、寛永21年(1644年)徳川家光の寄進によって建立。 醍醐寺  高さ38メートル       天暦5年(904年)に完成 京都府の五重塔では最古 仁和寺  高さは36メートル      1644年(寛永21年)徳川家光の寄進によって建立。 八坂の塔 高さ46メートル      創建年代は、崇峻天皇2年(589年)聖徳太子が建立。      現在の塔は永享12年(1440年)の再建。
東寺 - Wikipedia
東寺のみならず京都のシンボルとなっている塔である。 高さ54.8メートルは木造塔としては日本一の高さを誇る。 天長3年(826年)空海により、創建着手。 9世紀末、創建。 雷火や不審火で4回焼失し現在の塔は5代目、寛永21年(1644年)徳川家光の寄進によって建立。 初重内部の安置仏像は以下のとおり。  東面 - 阿閦如来、弥勒菩薩、金剛蔵菩薩  南面 - 宝生如来、除蓋障菩薩、虚空蔵菩薩  西面 - 阿弥陀如来、文殊菩薩、観音菩薩  北面 - 不空成就如来、普賢菩薩、地蔵菩薩
国宝。

東寺へのアクセス
34.980361111111
135.74769444444
0
0
0
15
34.980361111111,135.74769444444,0,0,0
醍醐寺
醍醐寺 - Wikipedia
承平元年(931年)醍醐天皇の冥福を祈るために創建着手。 天暦5年(951年)建立。 総高38メートル。うち相輪部が12.8メートルで、全体の3割以上を占める。 天正13年(1585年)の地震で甚大な被害を受けたが豊臣秀吉の援助で慶長3年(1597年)に修理が完成。 昭和25年(1950年)の台風でも被害を受け、同35年(1960年)に修理が完成。 初重内部  両界曼荼羅と真言八祖を表した壁画:国宝
国宝。 初重内部にある両界曼荼羅と真言八祖を表した壁画も「絵画」として国宝。

醍醐寺へのアクセス
34.9515
135.82177777778
0
0
0
15
34.9515,135.82177777778,0,0,0
仁和寺
仁和寺 - Wikipedia
1644年(寛永21年)、徳川三代将軍家光の寄進によって建立。 塔身32.7m、総高36.18m。
重要文化財

仁和寺へのアクセス
35.031055555556
135.71380555556
0
0
0
15
35.031055555556,135.71380555556,0,0,0
八坂の塔
「八坂の塔」(法観寺) - Wikipedia
伝承によれば五重塔は592年に聖徳太子が如意輪観音の夢告により創建。 平安京遷都以前から存在した古い寺院。創建時の伽藍は四天王寺式伽藍配置または法隆寺式伽藍配置だったと考えられている。 境内は狭く、塔以外に目だった建築物がないことから、「八坂の塔」は寺自体を指す通称ともなっている。 永享12年(1440年)の再建。 高さ49m 初層内部  大日如来を中心とする五智如来像を安置する。
重要文化財

八坂の塔へのアクセス
34.99855
135.7792417
0
0
0
15
34.99855,135.7792417,0,0,0
最短時間で京都の4つの五重の塔を巡るには
最短時間で京都の4つの五重の塔を巡るには - OpenMatome
京都には「東寺、醍醐寺、仁和寺、八坂の塔」に4つの五重の塔がある。この4つの五重の塔を、公共交通機関だけで同じルートを通らずに、最短時間で回るルートは?京都駅出発で考えてみよう!
この記事をシェアしてください。 ☺


関連記事

最短時間で京都の4つの五重の塔を巡るには
京都の秋を楽しもう
京都のお雑煮の頭芋
京都のまちの国宝マンダラ
京都にある坂本龍馬ゆかりの地