openmatomeview

京都のまちの国宝マンダラ
マンダラとは日本やチベット、東南アジア、唐宋の時代から現在に引き継がれた密教の宇宙観を一図にまとめたものであります。まちの国宝になっていただい方達を中心に京都のまちのマンダラを構成して表彰し次世代に引き継いでまいります。
Updated Date : 2016-02-05 13:28:20
Author ✎ yuukou
この記事をシェアしてください。 ☺

十二神将像、360度ぐるりと公開 東寺・灌頂院
世界遺産・東寺(とうじ、京都市南区)で、金堂(国宝)の本尊・薬師如来像(国重要文化財)の台座部分に普段安置されている十二神将像(同)が密教儀式の舞台の灌頂(かんじょう)院(同)へ移され、13日、報道…
File:Kongokai Mandala (Senkoji Tonami).jpg
日本語: 絹本著色両界曼荼羅図 金剛界曼荼羅図
English: Mandala of the Two Realms (Kongokai), Senkoji, Tonami, Toyama, Japan
Author : Maculosae tegmine lyncis

en.wikipedia.org での使用状況
List of Cultural Properties of Japan - paintings (Toyama)
最新映像技術で密教世界が鮮やかに高野山
開創1200年を迎えた高野山(和歌山県高野町)の壇上伽藍(がらん)で13日夜、根本大塔に本尊の大日如来像などを投影するプロジェクションマッピングが始まった。僧侶の声明(しょうみょう)が響く中、光と映像による密教世界が繰り広げられ、参拝者を魅了した。
まんだら
この記事をシェアしてください。 ☺


関連記事

京都の山岳寺院標高ランキング
京都の誇る4つの五重の塔
京都観光おもてなしコンシェルジュ任命
京都の寺社 公式Facebook「いいね!」ランキング
京都の梅園 見どころベスト5